archi

Archive

" 日本人の思考っていうのは非常に難解だとこちらで言われますが、それはアメリカが各論文化なのではないかと思います。彼らは事例を区切って考えられる。だから答えが出せるわけです。
 子どもの頃から劣悪な環境で育った少年が、青年になり犯罪を犯した事例があります。これに対して、誰が悪いのかという質問がありました。
 アメリカ人はその多くが少年が悪いと答えました。日本では、環境が悪いと答えた人が多かったそうです。
 区切って、それに対して答えを出す。だからアメリカ人は意見がぼんぼん出ます。ただし深くはない事が多い。それが及ぼす周りへの影響があまり考慮されていないからです。この思考が、戦時には恐ろしい作用をもたらします。絶対正義のアメリカという思考もここに由来すると思われます。
 広い関係性を見る日本人ですから、森羅万象、世の中の一部が我々だと捉えていますから答えが出るはずがありません。意見を言えば、必ず何か矛盾をはらむからです。私が考えている世の中とは、今考えている私も含む。ジョージソロスに言わせるとこうなってしまいます。意見とはそういうもの、完全な意見など存在しません。反論できない意見など存在しません。
 であれば黙して語らず見ず動かずの方が、少なくとも矛盾しないので、安心ではあります。
 実は以前私の中で大きな壁がありまして、それによってブログに言いたい事を言っていない時期がありました。それはなにかと言いますと、正しい事を言いたいという欲求でした。しかも誰から見ても正しい事です。
 
 ちょっと考えれば正しい事など存在しない事など子どもでも分かる話ですが、当時の私はそういうものがあると信じていました。理由はともあれ、ある日それがぱりんと壊れ、それからは思った事をなんのフィルターもかけずに書いています。書き捨てがブログの正しいあり方だと今は思っています。
 『偏りなど存じ上げた上で申し上げます』
 意見ってのは所詮こういうところは避けて通れません。偏ってなどいないという事は、傲慢であるか、もしくは自分の本当の意見を他人の目によってねじ曲げる事につながります。偏りは個性でもあります。"

- 為末大 思考の癖 | Athlete Society Portal
http://www.athletesociety.org/archives/5941

"

人は歳をとると個人史を一般論化しだす

(中略)

世の中の著者と呼ばれる人たちはみんな相当ズレていて、そのズレ具合に対して読者がついて商品になっているんですよね。
 ただ著者自身は意外とその自覚がなくて、自分の話は一般論だと思っている人が結構多いんです。

(中略)

自分が歳をとって思うことは、「多くの人は歳をとればとるほど、世間が狭くなる」ということです。人は歳を取ればとるほど同じものしか見なくなるから、どんどん幼稚になって世間が狭くなっていく。それなのに、その狭い世間で一般論を語ってしまう。

(中略)

歳をとると自分の好きなモノや人だけ残して、苦手なモノや嫌いなモノはどんどん捨てていきますよね。そうなると自分が捨てたモノは見なくてすむし、なかったことになってしまう。

"

- キモい男、ウザい女。|cakes(ケイクス)https://cakes.mu/posts/6469

tofubeats:

そりゃそうよ / DJやついいちろう feat.tofubeats(short ver.) (by Victor Entertainment)

"大学では魂を揺さぶられるようなことが沢山あったけど、特に、哲学で「意識の根源」について語っていた教授が突然「分からなくなってきた」と言ってそのまま出て行ったのは最高にロックだった。"

- Twitter / transparent7 (via highlandvalley)

(Source: katoyuu, via kotoripiyopiyo)

"こちにんは みさなん おんげき ですか?  わしたは げんき です。 この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげは たごんを にしんき する ときに その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。 どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?"

-

ひらがなせいかつ への いざない - ぼんやりと考えたこと

よめるー。

(via masakick)

よめたー!

(via yamato)

こりゃすごい。

(via officek3)

rusaman:

f0000771_19225683.jpg

"めろん ぼくらの、死に対する反応って、ドラマとかにすごい汚染されてるじゃないですか。人が死んだときの様子って、フィクションで見ることのほうが圧倒的に多いわけで。だからぼくは、型としては、そういうときには泣くのが正しいと思っていて、K君が死んだときの自分のリアクションが間違ってるんじゃないかという気がしてたんです。"

- 末井昭×​海猫沢めろん vol.2 鬱には「パチンコ」と「写経」がきく?|頑張って生きるのが嫌な人のためのはなし|cakes(ケイクス) https://t.co/AVS3h73g0O

"ちなみに、メガネ・コンタクト族の皆さん、君らの多くは近代以前だったら生存能力のない「視覚障害者」だからね。そこ覚えておくように。社会制度や技術で少なからず「障害」は「障害」でなくすることができるんだよ。"

- 潜在的ナチス支持者のはてな民のみなさま、こんにちは。 (via eternityscape)

(via tntnblrblr)

"

 毒性と量の関係の説明は、伝わらない人には本当に伝わりません。有害物質がほんのちょっとでも入っているとを聞くと、量のことは全く考えず拒絶する人が少なからずいます。とにかくリクスを避けたいという心境は分からないことはないのですが…。

 そこで、講義の中で「皆さんが普段食べているトマトには必ず毒が入っています」という話をあえてしました。

 どんなトマトにも、アルカロイドと呼ばれる毒性を示す物質が入っていて、問題なのは、その量なのだと。通常私達が食べているトマトに含まれるアルカロイドは、ごく微量で健康を害する量は入っておらず、何の影響も及ぼさない微量のアルカロイドを避けるために、美味しいトマトを食べるのを止めてしまうのは、トマトからの栄養摂取の機会を逃がすことになる。つまり、食品の持つリスクとベネフィットを天秤にかけて、ベネフィットが大きければ食べる価値があり、リスクが大きければ食べるのは避けた方がいい。

 そんな話をしました。「トマトに毒が入っていたなんて、衝撃的」というコメントがありました。

"

- 「皆さんが食べているトマトには毒が入っています」 - 食品研究者の夜食日記 (via jinon)

(via gkojax-text)